Vol.7「”ありたい姿”を思い続けてますか?」

書籍名:「生き方」
著者:稲盛 和夫
リンク:https://www.sunmark.co.jp/detail.php?csid=9543-2

ー書籍からー
引用部分は、稲盛さんが若かりし頃、松下幸之助さんの講演会に参加された時のお話しです。テーマは「ダム式経営」

質疑応答時に、幸之助さんに対してある受講生から、「ダム式経営が理想なのは皆わかっている。どうしたらそれができるのか、その方法を教えて欲しいのです!」

それに対して幸之助さんは「そんな方法は私も知りませんのや。知りませんけども、ダムをつくろうと思わんとあきまへんなあ」

参加者の多くが、「はー、答えになってないよ!」といった感じだったそうですが、稲盛さんは 強烈に「ありたい姿」を思いつづけないと道は開けない!物事成就の母体は強烈な願望!思い、考え、練ることを執拗にくり返していると、成功への道筋が見えてる。やがてありたい姿と現実の境目がなくなり、既に実現したことであるかのように、その達成した状態、完成した形が頭の中に思い描ける。と感じたそうです。

 

ーここからー
皆さん、幸之助と稲盛さんの感じたことを聞いて、何が重要か伝わりましたか?

殆どの方が分ったかと思いますが、念のため下記に記載しますね。

多くの受講生は、ダム式経営は難しいから、どうしたらできるのかのHOWが知りたい。

幸之助さんと稲盛さんは、まず最初に「ダム式経営=ありたい姿」がありき。それも強烈に・・・。次に、そのありたい姿を到達するためのHOWを考える。

大きな違いは、できるからやる意識と強烈にありたい姿を達成したいから、達成するまでHOWを考える意識です。

だからこそ、生半可な”ありたい姿”ではなく、強烈な”ありたい姿”が必要になってくるんですよね。強烈に”ありたい姿”を願うと、副次的効果があるんです。

それが、成功の道筋が見えてくる。ありたい姿と現実の境目がなくなる。既に実現したことであるかのように感じられるなどです。

私も過去、それに近い感覚?経験がありますよ。笑※このお二人程スケールは大きくありませんが・・・。汗

私が尊敬している方の言葉ですが、「未来から引っ張られるような感覚」皆さんも何かしら経験ありませんか?

まとめると、HOWの前に強烈に達成したい”ありたい姿”を描いていますかという話です。

あなたは”ありたい姿”を持っていますか。
そのありたい姿を、強烈に達成したいと思えてますか。
そして、”ありたい姿”を思い続けてますか。