Vol.47「相田 みつを 厳選①」

書籍名:人間だもの
著者:相田 みつを
リンク:http://amzn.asia/7iBgVdY

NHKのクローズアップ現代に、今年ノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラー教授(行動経済学)が出演していました。

衝動買い、飲み過ぎ、ギャンブルなど分かっちゃいるけどやめられないことって多々ありますよね。それをセイラー教授は、だって「にんげんだもの」と言っています。

そして、この「だってにんげんだもの」という考え方をセイラー教授は日本人の相田みつさんから影響を受けたと仰っていました。※セイラー教授は相田みつをさんの大ファンでもあります。

だって「にんげんだもの」に惹かれ、早速本を書いました。本日は、その中から本日は私のお気に入りを幾つかご紹介させて頂きます。

ー書籍からー
・つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの
・いいことはおかげさま わるいことは身からでたさび

・のに
 あんなに世話をしてやったのに
 ろくなあいさつもない
 
 あんなに親切にしてあげたのに
 あんなに一生懸命つくしたのに
 のに・・・・・
 のに・・・・・
 のに・・・・・

 <のに>がでたときはぐち
 こっちに<のに>がつくと
 むこうは「恩に着せやがって・・・・・」と思う

 庭の水仙が咲き始めました
 水仙は人にみせようと思って 咲くわけじゃないんだなあ
 ただ咲くだけ ただひたすら・・・・・

 人がみようが見まいが
 そんなことおかまいなし
 ただ いのちいっぱいに
 自分の花を咲かすだけ 自分の花を・・・・・

 花は ただ咲くんです
 それをとやかく言うのは人間
 ただ ただ ただ・・・・・
 それで全部 それでおしまい それっきり

 人間のように
 <のに>なんてぐちは
 ひとつも 言わない
 だから 純粋で 美しいです。