Vol.86「PM理論から紐解く目標達成と人間関係づくり」

書籍名:MBA 生産性をあげる100の基本
著者:グロービス
リンク: http://amzn.asia/6RxxqS5 

ー書籍からー

■PM理論
P行動は、計画を立て、指示を出し、目標達成に向けてフォローアップするなどの行動です。一方、M行動は、人間関係を円滑にしたり、調整する行動です。キーワードは人に対する「配慮」で、職場の雰囲気や組織やチームの存続を重視する行動ともいえます。最も好ましいのは、目標達成(P)にも、よき組織・人間関係づくり(M)にも目が向いている状況です。
 
■効率化=生産性向上ではない
経営学者のピーター・ドラッカーは、「生産性の本質を測る真の基準は量ではなく質である」と述べました。
 
まずは効率化≒スピードアップからスタートし、その余った時間を有効活用して質の底上げを図るとうサイクルがいいでしょう。
 
 
■経済学における生産性
経済学の分野では、生産性は単なる効率化を指すのではなく、金銭的な付加価値をどれだけ少ないリソースであげたかに着目します。
 
 
■業務改善はECRS(イクルス)

ECRS (Eliminate-Combine-Rearrange-Simplify:削除、統合、交換、単純化)の手法などを用い、経営資源の削減や配置換えを行ったり、プロセスの改善を図ったりするのです。

 
 
■顧客提供価値は広さ、深さ、長さ
CVP(Customer Value Proposition:顧客提供価値、提供価値)とは、不便が解消されたり情緒的高揚感を得られたりすることによって生じる「顧客にとっての嬉しさ」です。
 
何か新しいビジネスを検討するにあたっては、キャッシュ創出のポテンシャルや可能性を見きわめるべく、CVPを、①深さ(それだけ金銭的対価が大きくなる)、②広さ(多くの顧客に受け入れなれる)、③長さ(長期間にわたって受け入れられる)の3点で考えよう。
 
 
■希少性はVRIO
経営戦略のフレームワークにVRIOというものがあります。Value(経済的価値)、Rarity(希少性)、Imitability(模倣困難性)、Organization(これからを活用する組織マネジメント能力)の頭文字を取ったもので、企業の経営資源の競争上の有効性を示すものです。
 
このフレームワークの最初の3つは個人の能力開発にもほぼそのまま活用できます。つまり、経済的な価値が生み出せ、希少で、他人が真似しにくいほど価値がある人材だということです。
 
 
■五省の教え
一、至誠に悖(もと)るなかりしか
 (誠実さや真心、人の道に背くところはなかったか)
一、言行に恥づるなかりしか
 (発言や行動に、過ちや反省するところはなかったか)
一、気力に欠くるなかりしか
 (物事を成し遂げようとする精神力は、十分であったか)
一、努力に憾(うら)みなかりしか
 (目的を達成するために、惜しみなく努力したか)
一、不精に亘(わた)るなかりしか
 (怠けたり、面倒くさがったりしたことはなかったか)
出典:海上自衛隊サイト
 
 
■誰もが人から認めらたい
「愛の反対は憎しみでなく無関心」という言葉を聞かれた方も多いでしょう。それだけ人間は、他人に気にかけられないこと、そして自分自身の存在意義を感じられないことを恐れるのです。
 
 
 
ーここからー

ビジネスパーソンは仕事を通じて会社の業績を上げ続けることが使命です。それを個人に言い換えると「個人の成果と成長」です。

 
成果とは、目標を達成すること。成長とは、ありたい姿に近づくことです。つまり、目標を達成するために日々仕事をするこで人は成長するのです。これってまさにPM理論そのままだと思いませんか
 
PM理論は基本的な考え方、原理原則だと思うのです。後はそのPとMをどうやって行うのかですね。本日はそのPとMに関することを書籍に記載されている内容からピックアップさせて頂きましたがいかがだったでしょうか。一つでも参考になるものがあれば嬉しいです。
 
 
「愛の反対は憎しみでなく無関心」。この言葉はマザーテレサの言葉です。以前にも格言でマザーテレサの言葉を書きましたが、本当に心に染み入る言葉を一杯後世に残されている偉人ですね。
 
私の好きな格言に「大人は子供が大きくなっただけ」があります。これも全く同じことを言っています。私の息子はプラレールが大好きで、家に帰ると今日もプラレールのレイアウトを変えたよ。何処が変わった方分かる?と聞いてきます。
 
これは変わったことを知って欲しい訳ではなく、褒めて欲しいから発せられている言葉です。大人になると自制心が強くなるので私を褒めてという方は稀有ですが、人間の本質なので、大人になったからと言って無くなる訳がありません。ただ口に出さないだけです。
 
なので、私は意識して出来るだけ褒めたり、又は、変わったことを言うようにしています。「変わったことを言って何になるんだ!」という人もおられますが、変わったことに気づくとは、その人に関心があることの裏返しなので、とても意味があるのです。
 
この行動でベンチマークしている人がタモリさんです。タモリさんはイイねとは言わず、髪切ったとか、服装変わったとか変化だけを言うのです。するとゲストはそうなんですよ。実は・・・と話が弾み、良い雰囲気が醸し出されています。

 

これって、相手に興味・関心を持っているからこそできることですよね。
あなたは相手に興味・関心を持っていますか。そして、それを言葉にしていますか。