Vol.112 「あなたはナルシストですか?」

書籍名:悪いヤツほど出世する
著者:ジェフリー・フェファー
リンク:http://amzn.asia/5ycNCT3

―書籍からー
■実はリーダーに多い資質とは?
心理学者でリーダーシップに造詣の深いマイケル・マコピーは、著者『なぜイヤなやつほど出世するのか』の中で、慣例を打ち破り、既存商品や産業やビジネスモデルのあり方を変えるような先駆的なイノベーションをもたらす人間には、制約や既成概念に対する軽蔑、逆境や拒絶反応に立ち向かう意思の強さが欠かせないと指摘する。そしてこれらは、自己中心的なナルシストに特徴的な資質だという。

■リーダーはナルシスト?
軍の将校選抜を調査したある研究でも、「自信、カリスマ性、楽観主義などナルシスト的性格は、リーダーシップにとってはプラスであり、同僚や上司からの高い評価につながる」と結論づけられている。

優れたリーダーシップと関連づけられた個人の資質に関する187の研究結果を総括したメタ分析では、リーダーの有効性と結びつけられる資質は7つあることがわかった。

うち4つは、エネルギー、支配力、自信、カリスマ性である。そしてこの4つは、ナルシストがとくに顕著に持ち合わせていることが、多くの研究で指摘されている。

ナルシスト型の人間は外交的で自信に満ちており、潜在的なリーダーシップ能力を備えていると見なされるため、リーダーに選ばれやすい。

■ナルシスト型行動は出世に有利
第一に、謙虚なリーダーというものはめったにいない。

第二に、ナルシスト型の性格や自己宣伝、自己主張といった行動は、リーダーの選抜や面接評価などで一貫して有利に働く。

第三に、ナルシスト型のCEOは他の経営陣よりも報酬が高く、存在期間も長い。これはおそらく、ライバルを排除する意思があり、その術も心得ていることが一因だろう。

加えて、ナルシスト型のリーダーは、すくなくともある面では他の人よりもすぐれている。まず、ビジョンやアイデアを売り込むのがうまいので、他人、とりわけ社外の他人からの支援をとりつけることに長けている。また、人々の注目を集めやすく、このタイプのリーダーがいるだけでもものごとが進むという面もある。

リーダーとしては大いに有効なこうしたメリットがあるとなれば、リーダーシップ教育産業がいくら「謙虚であれ」と言っても、謙虚なリーダーが少ないのは無理もない。

―ここからー
この部分を読んでいた時、自分の頭の中に浮かんだのは、「自分はナルシストだろうか?」という問いでした。そのあと頭に浮かんだのは「自分もナルシストだろう。多分、ナルシストだ。どちらかと言えば、ナルシストだと思う」という言葉でした。苦笑

過去、私の心の師匠から「あなたは矢印が自分に向きがち」と指摘を受けました。私自身もそう思っているのでとても心にグサッと刺さりました。それから今まで、「相手にフォーカス」「まずは自分から人へ貢献する」を意識して行動してきました。その結果、とても良い経験や成果をあげる体験をすることができました。

ですが、世の中には私以上?のナルシストが多々いるのですね・・・。確かに、ナルシストにはリーダーとしての資質が多く含まれているためメリットもありますが、嫌なヤツも多いのも事実かと思います。

なんで、あんな嫌なヤツが出世するんだと常々思っていましたが、それにはこのようなメリットがあったからなんですね・・・。そして、こらから先も嫌なヤツが出世する世界は、減ることがないかもしれないですね・・・。

だからと言って、少なくとも私は嫌なヤツにはならないようにしたいと思っています。「綺麗ごと」と言われるかも知れませんが、実際にそのようなリーダーは存在します。私の心の師匠もその一人です。

仕事柄、素晴らしい人材が陽の目を浴びずに腐っていくのを見てきました。少なくとも自分と係わる世界だけでもそのようなことが起きない・起こらない世界にしたいものです。

因みに、あなたはナルシストですか?