Vol145「感謝」

書籍名:しあわせはいつも
著者:相田みつを
リンク:http://amzn.asia/d/6i1Pd3T 

―書籍からー
◾️落ち着く
途中にいるかぎり 中ぶらりん
底まで落ちて 足が地に着けば
ほんとうに 落ち着く

■勝てる
まける人のおかげで 勝てるんだよなぁ

 

 

―ここからー
「まける人のおかげで 勝てるんだよなぁ」

本を読んでいて衝撃が走った言葉でした。勝ち負けは二人以上いないと起こりません。つまり自分が勝てば相手が負ける。当たり前のことなのですが、言葉で読むと相手のことを考えていなかった自分に気がつきました。

勝ちに拘ることは重要ですが、相手を慮るのも重要ではないでしょうか・・・。

話は変わって、ある経営者が言ってました。
「偽善者でいいじゃないか。偽善者と言われようと、とことん人として正しいことを自分にも社員にもやって貰っています。ぶれちゃダメですよ」と・・・。

先日、中途でOさんを採用しました。
とても力のあるOさんでしたが、内定を出す際、本当にこの人に決めていいのかという不安が頭をよぎりました。何故なら、履歴書だけ見れれば、そのOさん以上のキラキラした経歴書の人が数名いたからです。

ですが、その時私は即決でOさんに内定をだしました。
理由に理屈は無く、強いて言えば見えない繋がりに感謝ですね・・・。

過去の経験ではありますが、自分の欲を最優先にした決断は得てして失敗することが多かったのですが、相手を慮った決断では逆に成功した経験があったからです。

これって相手に「感謝」することだと思うのです。

人間は一人ででは生きられません。だからこそ、人と上手に関わりながら生きる必要だと思うのです。そのために一番重要なことは相手に感謝することだと思うのです・・・。

今年も多くの方のお陰で1年を過ごすことができました。

前社の皆様 
現社の皆様 特にT社長やKさん
その間を取り持ってくれるHさん
いつもアドバイスや背中を押してくださる心の師匠Nさん
いつも元気をくださる異業種の皆様
そして先日の忘年会で衝撃的な提案を下さった元上司Kさん

書ききれない人の繋がりが今の自分を活かしてくれていると感じています。この場を借りて改めて「感謝」の言葉を述べさせて頂きます。