Vol.177 「おごらず、他人(ひと)と比べず、・・・」

書籍名:一切なりゆき
著者:〜樹木希林のことば〜
詳細はこちら: https://www.amazon.co.jp/dp/4166611941/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_LezpDb9FT6989

―書籍からー
■人生なんて自分の思い描いた通りにならなくて当たり前
人生なんて自分の思い描いた通りにならなくて当たり前。私自身は、人生を嘆いたり、幸せについて大袈裟に考える事もないんです。いつも「人生、上出来だわ」と思っていて、物事がうまくいかないときは「自分が未熟だったのよ」でおしまい。

こんなはずでは・・・というのは、自分が目指していたもの、思い描いていた幸せとは違うから生まれる感情ですよね。でも、その目標が、自分が本当に望んでいるものなのか。他の人の価値観だったり、誰かの人生と比べてただ羨んでいるだけなのではないか。一度、自分を見つめ直して見るといいかもしれませんね。

◾️幸せというのは「常にあるもの」ではなく「自分で見つけるもの」
どうやったら他人の価値観に振り回されないか?「自立すること」じゃないでしょうか。自分はどうしたいか、何をするべきか、とにかく自分の頭で考えて自分で動く。時に人に頼るのもいいかもしれないけど、誰にも助けを求められない時にどうするかくらいは考えておかないと。

もっと言えば、その状況をおもしろがれるようにナルトいいですよね。幸せというのは「常にあるもの」ではなく、「自分で見つけるもの」。なんでもない日常や、取るに足らないように思える人生も、おもしろがって見ると、そこに幸せが見つけられるような気がするんです。

◾️2018年9月30日 内田也哉子 喪主代理の挨拶から
「おごらず、他人(ひと)と比べず、面白がって、平気に生きればいい」

 

 

―ここからー
人生は難しい!!

本当に思い通りに行かない事が多々起こり、自己嫌悪になりがちなのですが、物事がうまくいかないときは「自分が未熟だったのよ」でおしまいくらいが丁度良いと感じる今日この頃です。

無意識に人と比べてしまう自分に最近よく気づきますが、比べても仕方ないですよね。わかっていても・・・。

「おごらず、他人(ひと)と比べず、面白がって、平気に生きればいい」
この言葉、とても心に響きましたが皆さんは如何ですか。

因みに、私には幾つかの座右の銘があります。その1つが
「良い時におごらず、悪い時に腐らず」です。
意識して人生を歩んでいるつもりなのですが、これがまた難しい・・・。気がつけばおごっていたり、腐っていたりする自分がいます。苦笑

でも、牛歩のあゆみですが修正しながら前進しているとも感じている今日この頃です。