Vol.178「関わる人の一筋の光になりたい」

番組:カンブリア宮殿【大人気メガネチェーン!高品質でお値打ち価格】
放送:2019年8月8日(木)
URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/business/entry/2019/019956.html

―書籍からー
■オンデーズの企業理念
「関わる人の一筋の光になりたい」

村上龍氏
普通だったら「幸せにする」という言葉を使うが「豊かにする」というのはなぜか?

田中社長
結婚式で「あなたを幸せにします」とか「娘さんを幸せにします」と言うが幸せに思うかは向こうの問題でこっちの問題ではない。

幸せはコントロールできない。

豊かさは今持っていないものが増えた状態。
豊かさは昨日してあげられなかった事を今日してあげられたとか、昨日させられなかった経験を今日させられたかとか、豊かにしてくれる存在は、みんななくしたくない。

■部長総選挙
・年1回開催 約300人の社員が投票する。
・ではなぜ、そのような制度を作ったのか?

田中社長
誰かが決める方が危ない。

恣意的な感情で人事が決まっていくと、結果的にその人の向かった仕事をしていく。選挙という仕組みで最適な人が決まるならそれが一番正しいと思う。

技術・経験・知識はサポートできるし、教えてあげられるが、「やる気」だけは教えてあげらなれない。 

やる気がある人を見つけ出す作業がすごく重要。

仕事に対するやる気は、その時々で変化する。人間はモチベーションが高い時もあるし、低い時もある。生活に占める仕事の役割は常に一定ではない。その時々の環境によって変化する。

会社はあくまでインフラなので、うまく使ってもらいたい。

 

 

―ここからー
幸せはコントロールできない。言われてみると確かに・・・。決めるのは相手ですもんね。
決めるのは確かに相手ですが、私は関わる人にとって一筋の光になりたい!相手に「一筋の光になったよ」と思って貰えるとありがたいなぁ・・・。

ビジネスパーソン人生において、人と関わる事で多くの挫折や困難な事が多々ありました。(今も現在進行形ですけどね・・・苦笑)

ですが、多くの人に支えられて、救われて、困難を克服する事ができました。多分、自分一人だけだったら今この場に存在する事はできなかったと思います。

好きな言葉に「恩送り」があります。まだまだ未熟ではありますが、少しでも貰った恩を私と関わった人に送る事、それが一筋の光になれたらと思って人生を生きています。

七転八倒の人生ではありますが、成長しつつ、かつ、関わる人にとって一筋の光りなれるよう精進して参ります。