Vol.187「ビジョンと組織体制作りはワンセット」

書籍名:結果を出す「仕組み」の作りかた 実行力
著者:橋下徹
詳細はこちら: https://www.amazon.co.jp/dp/4569842976/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_HqEKDb5VVGYR0

―書籍からー
■トランプ大統領から学んだシンプルな方針
6000項目にも及ぶ規制緩和を実現するために、トランプ大統領が巨大組織に出した指示は、非常に明快です。
「一個の規則を作ったら、2つ規制を緩和しろ」
これを厳格にルール化しました。

◾️ビジョンと組織体制作りはワンセット
例えば、統合型リゾート、いわゆるカジノ誘致を「この方針に沿って、やってください」と副知事、副市長以下に指示するだけでは、何も動きません。実行のための体制作りが必要です。組織横断的に人を集めたら、その中で決定権者、権限者を決めておかねばなりません。強い決定権者が存在しない組織を作っても、物事は大胆に動きません。

つまり、方針・ビジョンを実行しようと思えば、精緻に組織体制作りをしなければなりません。実行力のあるリーダーになるためには、実行プロセスを考えることを重視すべきです。
仕組みをきちんと作らないと、どれだけ資質のある人間でもリーダーシップは発揮できないでしょう。

◾️組織体制を実際に取り入れて「戦略会議」(事例)
大阪府や大阪市に「戦略会議」という新しい仕組みを導入しました。

部署・部局ごとに基本的な所管、つまり権限と責任の範囲は決めておかなければなりませんが、横串を刺すことも必要です。ゆえに、部局横断的な戦略会議という仕組みを作り、各部局がきっちり話し合い、全体最適をかなえる政策を立案・実行できるようにしました。

これが大阪府庁と大阪市役所に設けた戦略会議と府市統合本部です。

 

 

 

―ここからー
個人的にはトランプ大統領があまり好きでありませんか、「一個の規則を作ったら、2つ規制を緩和しろ」というルールは、シンプルでとても素晴らしいと思いました。とても良い仕組化の例だと思います。

さて、多くの企業には理念やミッションやビジョンがあります。ぶっちゃけ無い会社の方が少ないのでは無いでしょうか。ですが、ビジョンと組織体制がセットになっている会社は少ないと感じています。少なくとも私が経験してきた会社では皆無?だったと感じております。

ビジョンと組織体制がセットになっていない結果、橋下さんが仰る通り物事はあまり動きません。担当者の方が動かそうとしても周囲、特に担当者より力のある方々が動かない事の方が多いのではないでしょうか。

個人的に思うのは、単に組織体制までセットにしないと動きづらいことに気が付いていない人が多いだけのように感じております。なので、もし力のある方は是非、その辺を注意して頂けると幸甚です。

ビジョンと組織体制はワンセット!!

とても重要な仕組みだと思いませんか!